岩手と私おしながき用

「岩手と私」
砂原藍さんにインタビューさせていただきました。

ミツモト

 まず始めに参加作品について制作のきっかけをお願いします。

砂原藍さん

 私は宮城県で生まれ育ったのですが、母親が岩手県花巻市出身であることや父方祖母のルーツが岩手にあること、同人活動のきっかけになった文フリ岩手のことをどこかにまとめておきたくて制作しました。

 ※文フリ岩手 次回は2020年6月21日(日)だそうです。

ミツモト

 ご親戚は岩手にいらっしゃって時々会ったりということはあるのでしょうか?

 それとも今は繋がりがないという状態からでしょうか

砂原藍さん

 母方の伯母と伯父が岩手におります。

ミツモト

 紹介記事に頂いた内容もすごくドラマチックだなぁと思って読むのをドキドキしています

砂原藍さん

 祖母のルーツの方は何百年も前の話なので、遠縁にあたる方はいるかと思います

ミツモト

 何百年ですか、やっぱりドラマチックですね

砂原藍さん

 ありがとうございます。創作以外の趣味としてご先祖様探しをしております。

ミツモト

 となると、史跡巡り的な面もあるのでしょうか

砂原藍さん

 残念ながら史跡としてはあまり残っていないですね......

ミツモト

 うちも〇〇らしいとかはあるのですが、何しろ物として残っているものがないので

 自分のルーツ探しには興味があるのですが、なかなか難しいです

砂原藍さん

 図書館で郷土資料探しをすることはあります。宮城県だと入手しづらい資料もあるので

ミツモト

 それから文学フリマ岩手と出会い、同人サークルの活動を始めるまで、というのが面白そうだと思いました。サークル活動を始めるに至った経緯を知れるの楽しみです(下世話ですいません)

砂原藍さん

 それまで創作活動はしていましたし、ツイッターでもフォロワーさん方が製本したりイベントに出始めたりというのを拝見していましたが、まさか自分が出展側になろうとは当時は思ってもいませんでした。

ミツモト

 そういう環境にあったけれどサークル側になるとは思っていなかった、分かります。

 私もまさに最近始めたばかりなので未だに不思議な感じでいます。

 まだ夢の中みたいな。

砂原藍さん

 そうですね。だいぶ年齢を重ねましたが、今から始められることがあるのかと今でも不思議な感じがします。

ミツモト

 では特に気にいっているところや読んでもらいたいところはどこでしょうか

砂原藍さん

 全部。と言いたいところですが、文フリ岩手の章と最終章が気にいってます。

ミツモト

 逆に苦労した点はありますか

砂原藍さん

 第四回文フリ岩手にどうしても間に合わせたかったのにいつまでも書き終わらなかったのと、表紙作成ですね。初めて自分で表紙を作りました。

ミツモト

 ありがとうございます。では一般的な旅についての質問に移ります

 個人的に岩手に行ったことがないのですが、岩手に行く予定があるのですが、おススメを聞いてもよろしいですか?ちなみに目的地は中尊寺が近いです。

砂原藍さん

 岩手にようこそ。中尊寺が近いなら厳美渓まで足を延ばして郭公団子という木槌を叩いて、お金を籠に入れ、川の上を行き来するお団子を食べるのがいいかと思います。

 ※巌美渓 ※ 郭公団子

ミツモト

 面白そうですね!

砂原藍さん

 それとちょっと遠くなりますが、本にも出てくる紫波町に五郎沼という奥州藤原氏初代清衡の孫にあたる樋爪氏の館があった場所には中尊寺ハスという古代ハスが咲く場所があります。

 ※五郎沼の古代ハス

ミツモト

 綺麗なところですね。(ぐぐってきました)

砂原藍さん

 そうですよね(ニヤリ)

 厳美渓は川下りもできますので、景色も楽しめますよ。

ミツモト

それから行ってみたい旅先についてもお聞きしたいです。

砂原藍さん

 行ってみたいところ......あまり西の方に行く機会がないので行ってみたいです。あと北海道も。


ご先祖様探しの旅がどんな風になるのか想像できません。頭の中ではまるで探偵小説のような感じ。

文フリ岩手にサークル参加するまでのエピソードも楽しみです。

皆さんはどうしてサークル参加することになりましたか?

たくさんのきっかけや出会いを知りたいです。


2019/7/31 インタビューより